走ることを楽しむ電動アシスト自転車【YAMAHA YPJ-R】コンセプトムービー

再生回数:26,385 いいね:87 カテゴリー:ロード

ヤマハ発動機公式チャンネルより
ヤマハ電動アシスト自転車「YPJ-R」コンセプトムービー
電動アシスト自転車「PAS」を発売し20周年を迎えるヤマハが発表したロードバイクです。(以下WEBサイトより転載)これまでの電動アシスト自転車は「実用的で便利な乗り物」という位置づけでしたが、この「YPJ-R」は「乗り物を使って楽しむ」というコンセプトで企画されたそうです。

欧州向けモデルを国内用にセッティングしたというコンパクトなドライブユニットをフレームの中心(ペダルの付け根BB部分)に、通常の電動アシスト自転車よりかなり小さいバッテリーはダウンチューブ上(通常ボトルを取り付ける位置)にセットされます。ハンドル部には、バッテリー残量やスピード、時刻などを表示する大型ディスプレイと、走行モードの切り替えなどを行うスイッチユニットが装備されています。変速操作は、一般的なロードバイクと同様にデュアルコントロールレバーで行い、前後のディレーラー(変速機)を備えています。重量は約15キロ、一回の充電(約1時間)で走行可能な距離は、最もバッテリーの持ちが良いECOモードで48キロ、そして、気になるお値段は248,000円とのことです。

既にサイクリングを楽しまれている方には「YPJ-R」は必要がないかもしれませんが、「YPJ-R」があれば、肉体的な問題などでサイクリングの楽しみを諦めてあった方も他のサイクリストと一緒にサイクリングを楽しむことが出来るようになりますね。それは素晴らしいことだと思います。

http://www.yamaha-motor.co.jp/pas/ypj/