楽しみ方はライダー次第【CANNONDALE SLATE】

再生回数:97,305 いいね:437 カテゴリー:ロード

CannondaleJapanより

注目のキャノンデール・スレートの解説動画が公開されました。スレートは舗装路はもちろん砂利道などあらゆる道を自由に楽しむために開発されたバイクで、各社がリリースしているグラベルロードとはまた違ったコンセプトを持つロード(?)バイクです。
キャノンデールは、スレート専用のフォークとフレームを設計。新設定のフォークはキャノンデール独自のレフティフォーク。通常左右にあるはずのレッグが左側にしかありません。軽くできるメリットはもちろんですが、見た目のインパクトがありますね。サスペンションのトラベル量(動く量)は最大30mmで、上下のパイプ(アウター/インナーチューブと呼びます)同士が重なる内部は丸ではなく角状につくられており捩じれることはありません。
フレームはオフロードでの安定感を確保するためフロントセンター(前輪軸から車体の中心BBまで)を長めに、逆にリアセンター(BBから後輪軸まで)をロードバイクと同様に短く設計することで、ペダリングパワーが伝わりやすくキビキビ走れるジオメトリーを採用。
タイヤは一般的なロードバイク(23-25mm)の倍近い42mm幅で、ホイールはロードより小さな650Bの組み合わせ。この組み合わせだとタイヤ計はロードバイクとほぼ同等になりロードバイクのスピードに近づけるとのこと。ブレーキはもちろんディスクブレーキ。軽い力で速度のコントロールができるのでライダーはコントロールに集中することができます。

CANNONDALE SLATEについての詳細はこちらから